2015 高機能フィルム展示会 

平素は、格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。

此の度弊社では第6回高機能フィルム展に出品させて頂く事になりました。

すでに、お客様各位にご案内、招待券を送付させていただいておりますが、改めてブログにてご案内させて頂きます。

今回の展示会では、『なぜ曙が選ばれるのか』をテーマに、曙機械の特徴をキャッチコピーにして掲げ、より判り易く、親しみを持って頂ける様に、実機前でプログラムごとにプレゼンテーションさせて頂きます。

そこでは、実際の加工例を見て頂きながらの説明やお客様のお役に立つ情報満載のものを企画しておりますので、何卒、ご来場の程宜しく御願い申し上げます。

会期 2015年4月8日(水)~4月10日(金)     会場 東京ビックサイト 東3ホール 22-2

 

 

 

曙製油圧裁断機と他社製メカ機の勝負は・・・?

昨年(2014年)、新規のお客様からの相談で既存の他社製メカ裁断機で全抜きカットと

ハーフカットの同時抜きの製品を加工しているが、抜きムラ箇所が多く不良品ばかりと

困り果てておられました。刃型サイズは、幅1,000㎜×奥行500㎜

おまけにPETセパ側からハーフカットを行い、不織布を残すという製品です。

曙製油圧裁断機(ハーフ仕様) OP-40H-110(有効盤面;幅1210㎜×奥行750㎜)で

テストカットを実施した所、刃型の高低調整を一切行わず、問題なく裁断出来る事が

実証できました。

お客様は、大いに感激され 即座に油圧裁断機の発注を決めて頂きました。

私共も、幣社油圧機が、他社メカ機に勝利した事に改めて驚き、 曙製油圧裁断機の高精度に

更なる自信を持たせて頂きました。

一度、曙機械製油圧裁断機の実力を試して頂ければ、幸いです。

 

 

 

今年はどうなるの・・・

新年が明けてからもう2週間が経ちますが、いかがお過ごしでしょうか?

 

私は、某大手企業が順次国内生産に切り替えるとの報道を受け、

こうした国内回帰の流れが加速し、国内生産が定着する事を

新年から切に願っている所であります。

 

先日、とあるローカル番組で安倍総理が生出演していた際に、

今年のこれだけはやる!と挙げていたキーワードが “戦後以来の大改革への挑戦!” で、

同時進行で物事を進めて行くとの決意をされていました。

 

この言葉に期待しつつ、私ども曙機械も新しい物・新しい事への挑戦を続け、

同時に原点に立ち戻りこれまでを見直す事も忘れず、

皆様への【お役立ち】を目指し同時進行で参ります。

 

春の展示会では、その【お役立ち】を皆様にご案内する事が出来ると信じておりますので、

乞うご期待下さいませ!!

展示会のご案内は、改めてブログでご報告させて頂きます。

 

最後になりましたが、本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

大阪営業所 展示機

 10月末より大阪営業所ではMP-600SLを初めて展示させて

頂いております。

テスト、ご見学希望のお客様の御来営を心よりお待ち申し上げます。

 

 

MPシリーズ(テーブル機)に新顔が仲間入り!

これまでテーブルタイプのMPシリーズにおいて、1000[mm]幅の材料を加工する時に、

『MP-850SLでは入らない』、『MP-1300SLでは大きすぎるし、設備コストも掛かる』とのご指摘を頂いておりましたが、

この度4月に開催された展示会にて、これらを解消するための MP-1150SL を発表させて頂きました。

 

主なスペックは、↓↓です。

・最大刃型(ベニヤ)寸法:W1150×D650[mm]

・加圧能力:600[KN]

・最大材料幅:1150[mm]

 

特に、テーブルストローク延長(オプション仕様)する事で、

幅1000×奥行き2000[mm]の材料もそのままのサイズで加工出来る事もあり、好評なお声を頂戴しております。

 

MP-1150SL(2000st)動画はこちら!!

 

スペックと動画を御覧になられてご興味をお持ち頂いた方は、お気軽にお問合せ下さいませ。